水面下で行なわれている地震の予知の研究|被害を食い止めろ

  1. ホーム
  2. 災害から身の安全を守る

災害から身の安全を守る

グラフ

ネットで予知情報を掴む

日本は世界に冠たる地震大国です。日本列島は地表を構成している3つの大きなプレートが重なり合っている上にあるので、我々日本人は地震の巣の上に暮らしているのです。そのため地震の余地についても最先端の研究が行われていますが、まだ正確には予報できない状況です。今の時点では地震が起き始めた時の振動波をキャッチして、携帯やスマホに警告ブザーを鳴らすことができるようになっています。これだけでも地震がくる前に安全な場所に避難できるので画期的なことです。その他にも色々な地震予知の研究が行われており、ネット上にも地震予報のサイトがあります。当たることもあれば外れることもありますが、このような予報サイトを常に意識しておくと慌てずに身の安全を確保することができます。

活断層のエリアは要注意

今では多くの人が活断層の存在を知っています。活断層というのは地下の断層がずれている現象のことです。なぜずれているのかというと、過去に地震が発生したからです。つまり活断層のある場所は地震が起きやすい場所なのです。ネットでも全国の活断層を調べることができますので、自分の住んでいる地域についてチェックすることができます。各自治体でも活断層のある場所を把握して住民に公開しています。このような活断層があるかどうかを知ることで、将来起こりうる可能性を知ることができます。もし近くに活断層がある場合は、家具が倒れないように防護するとか避難場所を家族で確認し合うなどの準備をしておくべきです。地震の予報を常にキャッチしておけば、万一の時の心構えができます。