水面下で行なわれている地震の予知の研究|被害を食い止めろ

  1. ホーム
  2. 被害を最小限に抑える

被害を最小限に抑える

災害

阪神淡路大震災をはじめ、東日本大震災や熊本、鳥取地震など日本は地震大国と呼ばれています。地震は地球のプレートがぶつかりあった時に発生する振動によって引き起こされます。ちょうど日本の下には大きなプレートが四つもあり、地震が発生すると時差で別の場所が揺れるということもあります。地震は大災害となるため、予想して予め備えておくことがきわめて重要です。地震発生の元となるプレートの動きを観測することにより予想することができます。注意しなければならないのはデマが流れる可能性があることです。人々の不安を煽り、消費を促す悪徳な業者や愉快犯もいるため、信用できる情報か確かめましょう。気象庁のホームページでは地震のしくみや避難について詳しく説明されています。

地震の予想が人気のワケは被害を最小限に抑えることができるからです。地震は多くのものを失い、途方に暮れる人も大勢います。予め地震が来ることを知っていれば災害時に必要な食料の調達や安全な場所へ避難することができ、生存率が飛躍的にアップします。予想は突然出されることが多いです。スムーズに避難できるように常日頃から非常時用のバッグや食料などを準備し、避難経路を確認しておきましょう。予想が外れたとしても準備をしていて損はありません。予想は個人でしているものや研究者が発表しているものなどたくさんあります。規模の大きいものだけではなく小さいものを中心に予想しているサイトもあるため、複数のサイトを見比べて総合的に判断するようにしましょう。